燃料費調整制度について

電気をつくるために必要な燃料(原油・LNG(液化天然ガス)・石炭)の価格は、市場や為替などの外部要因により変動します。
燃料費調整制度は、これらの価格変動に応じて電気料金を調整するしくみです。

電気料金の仕組み

電気料金は、ご契約の大きさに応じて計算する「基本料金」と、ご使用量に応じて計算する「電力量料金」の合計に、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」を加えて算定いたします。また、「電力量料金」の算定においては、燃料費調整額を加味します。

電気料金の仕組み
  • ※ ファミリーでんきのみ、以下の計算で算定されます。
    基本料金+定額料金(300kWhまで)+電力量料金単価(301kWh以上)×ご使用量(301kWh以上)±燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金

燃料費調整単価の算定方法

燃料費調整単価は、次の算式によって算定された値といたします。
なお、当社の燃料費調整単価には、上限設定がありません。

  • ※ 燃料費調整単価の単位は、1銭とし、その端数は、小数点以下第1位で四捨五入いたします。

平均燃料価格が、86,100円/kℓを上回った場合(プラス調整)

燃料費調整単価(円/kWh)=(平均燃料価格ー86,100円(基準燃料価格))×基準単価/1,000

平均燃料価格が、86,100円/klを下回った場合(マイナス調整)

燃料費調整単価(円/kWh)=(86,100円(基準燃料価格)ー平均燃料価格)×基準単価/1,000

毎月の平均燃料価格

原油・LNG・石炭それぞれの3か月の貿易統計価格(実績)をもとに計算いたします。

平均燃料価格(原油換算1kℓあたり)=0.0048×A+0.3827×B+0.6584×C

  • ※ 100円単位とし、100円未満の端数は10円の位で四捨五入

A:3か月における1kℓあたりの平均原油価格
B:3か月における1tあたりの平均LNG価格
C:3か月における1tあたりの平均石炭価格

  • ※ 単位は1円とし、その端数は、小数点以下第1位で四捨五入

基準単価

平均燃料価格が1,000円/kℓ変動した場合の燃料費調整単価です。

0.183円/kWh

燃料費調整単価の適用時期

平均燃料価格算定期間 燃料費調整単価適用期間
1月~3月 5月計量日~6月計量日の前日までの期間
2月~4月 6月計量日~7月計量日の前日までの期間
3月~5月 7月計量日~8月計量日の前日までの期間
4月~6月 8月計量日~9月計量日の前日までの期間
5月~7月 9月計量日~10月計量日の前日までの期間
6月~8月 10月計量日~11月計量日の前日までの期間
7月~9月 11月計量日~12月計量日の前日までの期間
8月~10月 12月計量日~翌年1月計量日の前日までの期間
9月~11月 翌年の1月計量日~2月計量日の前日までの期間
10月~12月 翌年の2月計量日~3月計量日の前日までの期間
11月~
翌年1月
翌年の3月計量日~4月計量日の前日までの期間
12月~
翌年2月
翌年の4月計量日~5月計量日の前日までの期間