電気

電気

単身赴任の生活費はどのくらい?内訳や初期費用、節約のポイントを解説

「単身赴任の毎月の生活費はどのくらい?」
「単身赴任の生活費の内訳や初期費用を教えてほしい」
「単身赴任の生活費を節約するポイントも知りたい」

単身赴任による一人暮らしをお考えの方の中で、このようなお悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。

単身赴任(一人暮らし)の生活費の平均額は、家賃を除いて143,821円です。細かい内訳を参考にして無駄をなくすことで、毎月の生活費を節約できます。

この記事では、単身赴任の生活費について詳しく解説します。ほかにも、単身赴任でかかる初期費用や節約のポイントについても触れています。

記事を読むことで、単身赴任でかかる生活費の相場を把握し、より自分に合った方法で生活費を抑えられるようになるでしょう。単身赴任での生活費を少しでも節約したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

\電気代・ガス代が高い!と感じたら/
電力・ガス会社を切り替えると節約できるかも?

目次

単身赴任とは

引っ越し

単身赴任とは、配偶者または扶養親族がいる方が、転勤に伴って別の住居に移住している状態のことです。出稼ぎ者や海外出張者も単身赴任に含まれます。

一方で一人暮らしとは、配偶者などがいない独身の方が単身で生活することです。単身赴任者と比較した場合、一人で生活している点は共通していますが、配偶者・扶養親族の有無などが異なります。

単身赴任で必要な毎月の生活費はどのくらい?

2023年に実施された総務省の家計調査によると、単身赴任(一人暮らし)の生活費の平均額は家賃を除いて143,821円です。生活費の内訳に関して以下の表をご覧ください。

項目費用
食料42,049円
光熱・水道13,045円
家具・家事用品5,760円
被服及び履物4,447円
保健医療7,367円
交通・通信21,654円
教育2円
教育娯楽18,794円
その他の支出30,704円
合計143,821円
出典:総務省|家計調査2023年

表をみると、食料費、交通・通信費、その他の支出が多くの割合を占めていることがわかります。固定費の無駄を無くしたり食費を抑えたりすることで、生活費の節約につながるでしょう。

生活費の節約のポイントについては「単身赴任にかかる費用や生活費を節約するポイント」で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

単身赴任でかかる生活費の内訳

単身赴任の生活費は、食費や光熱費などさまざまな要素で構成されています。具体的な要素は以下の通りです。

  • 食費
  • 光熱・水道代
  • 家具・家事用品
  • 衣類・履物代
  • 保険医療費
  • 交通・通信費
  • 教養娯楽費
  • そのほかの支出

ここでは、それぞれの要素の内訳についてみていきましょう。

食費

以下の表は、単身赴任(一人暮らし)の方の食費の内訳をまとめたものです。

項目費用
穀類2,821円
魚介類2,222円
肉類2,400円
乳卵類1,832円
野菜・海藻3,746円
果物1,700円
油脂・調味料1,587円
菓子類3,238円
調理食品7,618円
飲料3,344円
酒類1,788円
外食9,690円
出典:総務省|家計調査2023年

表をみると、外食や調理食品の占める割合が大きいことがわかります。自炊ではなく、毎日の食事を冷凍食品やコンビニ食、外食などで済ませていると食費が高くなるというわけです。

光熱・水道代

以下の表は、単身赴任(一人暮らし)の方の光熱・水道代の内訳をまとめたものです。

項目費用
電気代6,726円
ガス代3,359円
他の光熱720円
上下水道料2,239円
出典:総務省|家計調査2023年

表をみると、電気代・ガス代の占める割合が大きいことがわかります。電気代・ガス代に関しては、季節によって使用量が変動しますが各社でも異なるため、電力会社・ガス会社の契約プランや料金単価を見直してみることが大切です。

自分のライフスタイルに合った電気・ガス料金プランを選ぶことで、光熱費を節約できる可能性があります。一度、電力会社・ガス会社を見直してみましょう。

CDエナジーに切り替えると、電気代・ガス代がセットでお得!

関東エリアにお住まいの方は、CDエナジーダイレクトの電気・ガスに切り替えてみませんか?

電気とガスをセットでご契約いただくと年間18,300円の節約に!お申し込みはたった5分で完了!

ひとりひとりのライフスタイルに合わせた豊富なプランをご用意しているほか、電気料金の支払いに使えるポイントも貯まります。

※お得額の算定条件について

※CDエナジーの電気・ガス料金は、燃料費・原料費調整単価に上限がありません。一方、東京電力エナジーパートナー「従量電灯B」、東京ガス「一般料金」には燃料費・原料費調整単価に上限があるため、燃料・原料価格の高騰により上限を超えた場合、燃料費・原燃料費調整額により、CDエナジーの電気・ガス料金が割高になる場合があります。

\ お申し込みはこちらから! /

 

家具・家事用品

以下の表は、単身赴任(一人暮らし)の方の家具・家事用品の内訳をまとめたものです。

項目費用
家庭用耐久財1,937円
室内装備・装飾品269円
寝具類238円
家事雑貨1,307円
家事用消耗品1,545円
家事サービス464円
出典:総務省|家計調査2023年

表をみると、家庭用耐久財や家事用消耗品の占める割合が大きいことがわかります。家庭用耐久財には家事用の耐久財や冷暖房用器具が含まれます。

日頃の生活の中で、無駄に消費しているものがないかを見直してみるとよいでしょう。

衣類・履物代

以下の表は、単身赴任(一人暮らし)の方の衣類・履物代の内訳をまとめたものです。

項目費用
和服16円
洋服1,705円
シャツ・セーター類881円
下着類440円
生地・糸類66円
ほかの被服372円
履き物類675円
被服関連サービス292円
出典:総務省|家計調査2023年

表をみると、洋服やシャツ・セーター類の占める割合が大きいことがわかります。定期的に洋服や靴などを購入している方は支出が多くなるでしょう。

引っ越し前の家から洋服やシャツ、セーターを持ってきたり、無駄に購入するのを避けたりするなどして節約してみてください。

保険医療費

以下の表は、単身赴任(一人暮らし)の方の保険医療費の内訳をまとめたものです。

項目費用
医薬品1,489円
健康保持用摂取品1,127円
保健医療用品・器具1,127円
保健医療サービス3,624円
出典:総務省|家計調査2023年

表をみると、保健医療サービスの占める割合が大きいことがわかります。保健医療サービスとして、医科や歯科の診療代、入院費用などが挙げられます。

定期的に医療機関に受診している方であれば、受診回数によって保健医療費が変動するでしょう。

交通・通信費

以下の表は、単身赴任(一人暮らし)の方の交通・通信費の内訳をまとめたものです。

項目費用
交通4,512円
自動車等関係費10,531円
通信6,610円
出典:総務省|家計調査2023年

表をみると、自動車等関係費の占める割合が大きいことがわかります。自動車等関係費をさらに細かくみると、以下の通りです。

自動車等関係費費用
自動車等購入796円
自転車購入136円
自動車等維持9,599円
出典:総務省|家計調査2023年

自動車関係費の中でも一番多くの割合を占めるのは維持費用です。なお、自家用車に乗っていたりローンの支払いが残っていたりする方は、毎月の交通・通信費が高くなるでしょう。

教養娯楽費

以下の表は、単身赴任(一人暮らし)の方の教養娯楽費の内訳をまとめたものです。

項目費用
教養娯楽用耐久財1,522円
教養娯楽用品4,401円
書籍・他の印刷物2,383円
教養娯楽サービス10,488円
出典:総務省|家計調査2023年

表をみると、教養娯楽サービスの占める割合が大きいことがわかります。教養娯楽サービスをさらに細かくみると、以下の通りです。

項目費用
宿泊料1,087円
パック旅行費1,002円
月謝類1,024円
他の教養娯楽サービス7,375円
出典:総務省|家計調査2023年

どのような娯楽にお金をかけているのかで、生活費に及ぼす影響が異なります。一度、教養娯楽サービスに関して見直してみるとよいでしょう。

そのほかの支出

以下の表は、単身赴任(一人暮らし)の方の教養娯楽費の内訳をまとめたものです。

項目費用
諸雑費14,779円
使途不明金28円
交際費13,731円
仕送り金2,167円
出典:総務省|家計調査2023年

諸雑費には、理美容サービス・理美容品などが含まれます。ほかにも、趣味・友人や知人との付き合いで使用される交際費が該当します。

周囲の人間との付き合いの多さなどで生活費が大きく変動するでしょう。

単身赴任で必要な初期費用

先ほどは、単身赴任の生活費の相場や内訳をご紹介しました。では、必要な初期費用としては何があるのでしょうか。

単身赴任で必要な初期費用は、主に以下の2つです。

  • 引っ越し費用
  • 単身赴任先での初期費用

それぞれの内容について詳しく解説します。

1. 引っ越し費用

まず、単身赴任先に引っ越しする際の費用が必要です。業者に依頼する際の荷物の運搬・搬出・搬入費用などがあります。

引っ越し費用は運ぶ荷物の量や移動距離によって異なるため、複数の業者に見積り依頼してみるのがよいでしょう。

企業によっては、会社側が引っ越し費用を負担してくれる場合もあります。企業の就業規則や転勤取扱規程などで定められている可能性もあるため、事前にチェックしてみてください。

2. 単身赴任先での初期費用

単身赴任先で住むことになる賃貸物件での初期費用も必要です。主には、敷金・礼金・仲介手数料などが含まれます。

以下の表は、賃貸の初期費用をまとめたものです。

賃貸契約の初期費用詳細
敷金部屋を退去する際の原状回復にあてられる費用。
原状回復にかかった費用が差し引かれて戻ってくる。家賃1カ月分が支払いの目安。
礼金部屋を管理する大家さんに対して支払う費用。
退去時に返還されないのが特徴。家賃1カ月分が支払いの目安。
前家賃入居する月の家賃を前払いで支払う際の費用。
家賃の1カ月分が目安であり、月途中からの入居の場合は日割で家賃が生じる。
仲介手数料物件の案内や手続きをおこなった不動産会社に支払う費用。
家賃の0.5〜1カ月分程度が目安。
火災保険料火災や水漏れなどのトラブルに備えて加入する損害保険費用。
損害保険会社に保険料の支払いが生じる。

単身赴任先での初期費用に関しても、企業によっては会社側が負担してくれる可能性があります。引っ越し費用と同様、企業の就業規則や転勤取扱規程などをチェックしてみるとよいでしょう。

単身赴任では手当が支給される?

やむを得ない事情があると認められた場合、企業から単身赴任手当が支給される場合もあります。単身赴任手当(別居手当)が支給されることで、異動に伴う経済的負担の軽減が可能です。

単身赴任手当が支給されるやむを得ない事情は、以下の通りです。

  1. 配偶者が疾病等により介護を必要とする状態にある職員若しくは配偶者の父母又は同居の親族を介護すること。
  2. 配偶者が学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第一条に規定する学校その他の教育施設に在学している同居の子を養育すること。
  3. 配偶者が引き続き就業すること。
  4. 配偶者が職員又は配偶者の所有に係る住宅(人事院の定めるこれに準ずる住宅を含む。)を管理するため、引き続き当該住宅に居住すること。
  5. 配偶者が職員と同居できないと認められる前各号に類する事情
    出典:e-GOV 法令検索|人事院規則九―八九(単身赴任手当)

単身赴任される方は、手当が支給されるかどうかもチェックしておきましょう。

単身赴任にかかる費用や生活費を節約するポイント

家計簿

単身赴任にかかる費用や生活費を節約するポイントは、以下の通りです。

  • 電気代やガス代を節約する
  • 家賃の安い物件を選ぶ
  • 家具家電つきの物件を選ぶ
  • 外食の回数を減らす
  • 通信費やサブスクリプションを見直す

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

ポイント1. 電気代やガス代を節約する

単身赴任をしている方の支出の中で、電気代やガス代などの割合は少なくありません。電気代・ガス代を節約できれば、その分生活費にゆとりを持たせられるでしょう。

以下の表は、電気代・ガス代の節約方法についてまとめたものです。

項目節約方法
電気代待機電力を節約する
長時間使用しない家電は電源を切る
省エネモードを活用する
古い家電を買い替える
ガス代鍋底から炎がはみ出ないよう火力を調節する
余熱を活用する
追い焚きの回数を減らす

現在契約している電力会社・ガス会社を見直すことでも、光熱費を節約できる可能性があります。自分に合った電気・ガス料金プランを選ぶことで、より効率的に電気・ガスを使用できるためです。

電力・ガスの自由化によって、さまざまな企業が電気とガスの料金プランを提供しているため、ぜひ一度見直してみてはいかがでしょうか。

CDエナジーに切り替えると、電気代・ガス代がセットでお得!

関東エリアにお住まいの方は、CDエナジーダイレクトの電気・ガスに切り替えてみませんか?

電気とガスをセットでご契約いただくと年間18,300円の節約に!お申し込みはたった5分で完了!

ひとりひとりのライフスタイルに合わせた豊富なプランをご用意しているほか、電気料金の支払いに使えるポイントも貯まります。

※お得額の算定条件について

※CDエナジーの電気・ガス料金は、燃料費・原料費調整単価に上限がありません。一方、東京電力エナジーパートナー「従量電灯B」、東京ガス「一般料金」には燃料費・原料費調整単価に上限があるため、燃料・原料価格の高騰により上限を超えた場合、燃料費・原燃料費調整額により、CDエナジーの電気・ガス料金が割高になる場合があります。

\ お申し込みはこちらから! /

 

ポイント2. 家賃の安い物件を選ぶ

自分で物件を選ぶ場合、家賃の安さについてもチェックが必要です。家賃が高くて生活費を圧迫する場合、生活に余裕がなくなる可能性があります。

たとえば、住宅と駅の近さやオートロック住宅など自分に合った条件にこだわりすぎると、家賃は高くなりがちです。毎月の手取り収入の3分の1程度を目安に、物件を探してみるのがよいでしょう。

ポイント3. 家具家電付きの物件を選ぶ

新しい物件に住む場合、家電や家具を買い揃える方もいるのではないでしょうか。家具・家電つきの物件を借りれば、単身赴任の初期費用を節約できます。

元々住んでいた家から持ってきても問題ない家具・家電を利用したり、会社の同僚や知人から使わなくなったものを譲りもらったりするのも1つの方法です。新品を購入するのは見逃せない出費につながるため、できる限り節約してみましょう。

ポイント4. 外食の回数を減らす

毎月の外食の回数が多さは、食費の高さにつながります。単身赴任をしている方の食費の中で、外食の占める割合は少なくありません。

ただし、いきなり外食をゼロにするとストレスを感じてしまう場合もあるでしょう。まずは、昼食だけ自分で作った弁当にしてみたり夕食を自炊してみたりなど一食だけ自炊することをおすすめします。

できる範囲で外食の回数を減らして毎月の食費の節約につなげてみましょう。

ポイント5. 通信費やサブスクリプションを見直す

通信費も光熱費と合わせて見直したい項目の1つです。スマホやインターネット回線の契約プランに対して毎月一定の金額を支払っているため、見直すことで節約につながります。

たとえば、契約しているプランを見直して月々のデータ容量に適したプランに変更したり、格安SIMを契約したりすることで通信費を抑えられる可能性があります。契約プランを見直す際は、スマホとのセット割引が適用されないかもチェックしてみましょう。

サブスクリプションをよく利用している方も見直しが大切です。月額料金が安くても、利用しているサービスの数が多くなることで見逃せない出費につながるため、利用していないサービスは解約するなど一度見直してみてください。

単身赴任の相場を把握して上手く生活費を抑えよう!

この記事では、単身赴任で必要な生活費の相場について解説しました。単身赴任(一人暮らし)の生活費の平均額は、家賃を除いて143,821円です。

単身赴任での必要な初期費用として、引っ越し費用や単身赴任先の賃貸物件の初期費用(敷金・礼金・仲介手数料)などがあります。企業によっては初期費用を会社側が負担してくれる可能性があるため、事前に確認してみましょう。

単身赴任にかかる生活費を節約するためには、電気代・ガス代や通信費・サブスクリプションを見直したり外食の回数を減らしたりすることが大切です。この記事でご紹介した内容を参考に、単身赴任の相場を把握して上手く生活費を抑えてみましょう。

CDエナジーに切り替えると、電気代・ガス代がセットでお得!

関東エリアにお住まいの方は、CDエナジーダイレクトの電気・ガスに切り替えてみませんか?

電気とガスをセットでご契約いただくと年間18,300円の節約に!お申し込みはたった5分で完了!

ひとりひとりのライフスタイルに合わせた豊富なプランをご用意しているほか、電気料金の支払いに使えるポイントも貯まります。

※お得額の算定条件について

※CDエナジーの電気・ガス料金は、燃料費・原料費調整単価に上限がありません。一方、東京電力エナジーパートナー「従量電灯B」、東京ガス「一般料金」には燃料費・原料費調整単価に上限があるため、燃料・原料価格の高騰により上限を超えた場合、燃料費・原燃料費調整額により、CDエナジーの電気・ガス料金が割高になる場合があります。

\ お申し込みはこちらから! /

 

※この記事の内容は公開日時点の情報です。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。